SM風俗に出会い世界が変わった

風俗が大きな魅力となっている

風俗が大きな魅力となっているのは、まさに唯一無二のサービスだからなんじゃないのかなって。世の中にはいろいろなものがあります。だから別に代替サービスというか、それでなければならないってものは実はそこまで多くはないんですよね。でも風俗だけは他に無いんじゃないですかね。抜いてくれるサービスは風俗だけなんです。だからこそ、抜いてもらいたいって思った時に魅力的だなって思うのもある意味では当たり前の話なんじゃないのかなって(笑)むしろ他に頼るものが無いってことを意味している訳じゃないですか。風俗以外となると自分で抜くしかないんじゃないですかね。でもそれは、そもそもサービスではなくてただのオナニーじゃないですか(笑)そうじゃないんですよね。何を楽しめるのかと言えば、やっぱり女の子に抜いてもらいたいじゃないですか。ということは、やっぱり風俗がとても大切何じゃないのかなって気持ちになるのは、男として良く分かる話だなって。

ベストアンサーだったと自負している

あの日の風俗ではあれがベストアンサーだったと自負しています。というのも、休前日、さらには給料日直後ということもあって、何件か風俗店に行ったらどこも物凄い混んでいたんですよ。ここ最近ではあまり見かけたことが無いだろうってくらいに凄いことになっていたんですよね。それで自分自身、風俗はもう無理かなって気持ちになってしまったのも事実なんですよ。でも、無理かもと思えば思う程にモチベーションが高くなっていくのもまた、事実じゃないですか。それで何とかすぐに楽しみたいって思っていろいろなデリヘルにアプローチして、ようやく見つけて楽しみました。レベルは普通に良かったなってくらいかもしれませんけど、でもあの状況の中ですぐにでも遊べる女の子と楽しめたのはそれはそれで良かったし、あの時点ではベストアンサーだったんじゃないかなって思いますよね。風俗って何がベストアンサーなのかはおぼろげですけど、あの日に関しては間違いないかなと(笑)