SM風俗に出会い世界が変わった

あれだけ細い子、珍しいかも

あんなに細い風俗嬢は初めてかもしれません。とにかく細かったです。スーパーモデルとかあのくらいのボディなのかもしれないですね。そんなボディを思い切り味わうことが出来たので、何も言うことはありません(笑)というのも、自分は細身の女の子の方が好きなんですよ。だから風俗店のホームページで彼女を見津得た時にはかなり理想に近い女の子だなって思ったんです。胸の大きさなんて、はっきり言ってどうでも良いとさえ思っています。とにかく細ければそれだけでいいんです。むしろ微乳くらいの方が感度も良いので、攻めていて楽しいなという気持ちもありますしね(笑)だから彼女は体型だけでも理想そのものでしたけど、顔だって悪くないですし、自分の理想の時間を思う存分味わうことが出来たので、何も言うことはないんじゃないのかなって思っています。それくらい彼女との時間には満足感で一杯になったかなって思っていますし、やっぱりスレンダーな子、いいですね。

待合室が苦手な自分はピンサロ派

風俗そのものは大好きなんですけど、待合室のあの空気だけがどうも苦手なんですよね。トラウマでもあるのかもしれません。と言うのも、待合室で一度だけ東寺の上司と鉢合わせしたことがあるんですよ。それ以来会社で上司は自分のことを棚に上げてこちらに対して「今日も風俗か?」みたいなことを聞いて来たり。そんな思いがあるので待合室が苦手なんですけど、そうすると自ずと選ぶべき風俗はデリヘルかピンサロですよね(笑)デリヘルは分かるとして、なぜピンサロなのかというとあくまでも個人的な体感速度ですけどピンサロではあまり並ばないなって。回転率が他の風俗と比べて早いような気がするんですよね。だからあまり待たずに遊べるのでピンサロだけは待合室にいてもそこまであれこれ思うようなことはないんですよ。ということは、ピンサロであれば何も問題ないんです。だからデリヘルとピンサロ。この二つが自分の中で風俗の二本柱になっているんですよ。